性なるスピリチュアル♪ 闇に光を☆

子育て中。クリスタルチルドレン(?)善悪二元論からの脱却や中庸を目指して。沖縄在住。Twitter @spilun9

影を愛す アセッション

これまで、アセッションと言うと、私たちや世界中のすべてから悪や影と言われるものが根絶されるとばかり思い、願ってきました。

けど、私が最近個人的に思うアセッションとはそうではなく、

「光も影もどちらも愛す。

光も影もどちらも自分や他人に内在する。

そして影は時に顕在化する事で問題化するが、それを皆で淘汰するのではなく、影はむしろ自然な事と受け入れ愛し、愛しながらも改善を模索する。」

あくまで個人的な今時点での発想です。

モーゼの十戒でさえ、強制や規則ではなく、高次元からの提案なのだそうです。

(by 『あの世に聞いた、この世のしくみ』)

数千年前、殺しなどが当たり前の人々に、応急処置として「十戒」を「守るべきもの」

として授けたそうです。

性教育にしても年齢や精神状態に合わせて「こうのとり」から始まりますよね。

それと同じだと思います。

数千年前の人々に「十戒はあくまで提案だよ」と本質を説明しても、「なら受け入れなくてもいいんだね、殺してもいいんだね」となるはずです。

今の時代を生きる私たちには、高次元の方々がおっしゃることはあくまで提案だよ、と話しても素直に参考にできる、そんな私たちの心の成熟度が来ているからこそ、そう言っていただけるのだと思います。