性なるスピリチュアル♪ 闇に光を☆

子育て中。クリスタルチルドレン(?)善悪二元論からの脱却や中庸を目指して。沖縄在住。Twitter @spilun9

オランダの教育はきっと5次元界の教育

以前目指していたこともあって、教育にはとても興味があります。

【動画】 教育先進国 オランダ 驚きの教育法 イエナプラン

約3年前に見つけて大感激しました。

子供たちが生き生きと学べる理想の教育はオランダにすでにあったんですね。

教育の進んだ国々では、「勉強って楽しい。もっと学びたい」という感覚が当たり前のようです。

日本では幼稚園や保育園にあたる4歳くらいの子供たちが3人一組になり、4枚のイラストの順番を考えるグループディスカッションをし、自分の意見を発表したり相手の意見を聞いています。

さらにチャイムもないとのこと。

(生徒たちは自発的に時計を見て行動しているものと思われます)

教育費も日本に比べほとんど国が支出。

それでいて一人当たりの仕事の効率は日本人の1.5倍。

宿題も出さず、入学試験もない。授業料無料。

それでいて日本より学力も高い。

モンスターペアレントもいない。

一人一人が自発的に考え、思いやりや連携の深い社会ではこんなにも差が出るんですね。

私たちの社会は、お店では店員からのアピールに疲弊し、役所では理不尽な対応や機械的な制度、無駄に思える書類や手続きの多さについイライラしてしまいますね。

家族や親せき、友人達とも、近いからこそ価値観の押しつけに苦しむ。

例えそういう状態でも、オランダのように一人一人の自発性が高ければ、一つ一つの制度を何度も変えていくことでより良くしていけるのだと思います。

一人ひとりの価値観の違いも当たり前として育つから、きっと価値観の押しつけも多くはない。

ちょうど昨夜(2/15.月)のEテレで「オイコノミア」という番組を見たら、教育や小中一貫校について特集していました。

「一人一人の学力が高い社会は、自然と周りに利益をもたらす」

というのが教育が義務で無料である法的根拠だそうです。

小中一貫校は中1ギャップの減少にも効果が出てるようです。

自分も小6から中1で、多くの友達が別の中学校に行ってしまい、多くが新しい人たちで、やはり小1からできているグループがほとんどなので、一緒にいても少し違和感やさびしさを感じました。

小中一貫校はこういった壁がなくなるのもいいですね。

さらに9年生が1年生に読み聞かせをしている場面もあり、双方ともいい刺激になっているように見えました。

【参考】9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?|はまれぽ.com