性なるスピリチュアル♪ 闇に光を☆

子育て中。クリスタルチルドレン(?)善悪二元論からの脱却や中庸を目指して。沖縄在住。Twitter @spilun9

対立するのはエネルギーが近いから

子供同士、夫婦同士、同僚やご近所同士、親族同士、同じ部活内や部活生同士、が喧嘩や対立することは多くても、小さな子供と大人がケンカすることってまずないですよね。

それはどちらかが偉いからというより、きっとエネルギーの性質の違いが大きいから。

逆に、エネルギーの性質が近いと対立しやすいはず。

実際、子供は二度のイヤイヤ期(反抗期)を通してエネルギーが大きくなり、大人のエネルギーに近づく事で対立しやすくなる。

エネルギーの性質が近いと対立しやすいのは、アセッションを霊界から支えて頂いている高次元の方々もきっと同じで、だからこそお互いが必要な距離を保っているのかもしれない。

一番分かりやすいのが世界平和への実現方法や課程。

文化面では流派の違いとか。

その違いが、地上の人間にもそのまま表れているのがこれまでかもしれない。

けど、さらに高次元の方々による法の公開のおかげで、バラバラの世界平和への道のりが、実はそれぞれそのままでいいんだよ。どれか一つに絞るのではなく、いろんなやり方がいくつも同時並行していいんだよ。となっている気がする。