読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性なるスピリチュアル♪ 闇に光を☆

子育て中。クリスタルチルドレン(?)善悪二元論からの脱却や中庸を目指して。沖縄在住。Twitter @spilun9

お得ですよに乗ってしまう私たち

高次元・アセッション・思い付き

明らかに押し売りや、今はいらないと思っていても、「今を逃すと損しますよ。今がお得ですよ」と言われるとつい迷ってしまう。

家電量販店での光回線の営業はひどいですよね(^◇^;)

先日は無料ビンゴ大会で釣られました(^◇^;)

さらには、スーパーでよくある「本日限り」や「期間限定」

でもそのポップをめくってみると、定価と同じだったり、10円しか変わらなかったり、2円しか変わらなかったり、、(^^;;

はたまた、1ヶ月後に全く同じキャンペーンをやっていたり。

それでも10円引きを5個買えば50円も得すると思えば、ついつい買ってしまい、台所の収納スペースを圧迫したりと、物が溢れていくのが今までの自分でした。

けど、近くにあるお店や従業員や製造者、配送ドライバーへの感謝を思えば、いつも売ってくれてありがとうですよね。

すると10円×5=50円がお店の経営に役立つと思えば、この金額は決して損ではないのではないでしょうか。

もしこのお店が潰れたら、より遠くのお店に行くためにガソリン代やバス代、移動時間がかかります。

定価より安く買って得しなきゃという思いが根底にあると、ついついお得キャンペーンに引っかかってしまう。

だから、物もサービスも基本的に定価で買うのが自分のためであり相手のため。

ひいては働く友人や知人のため、さらにひいては社会のためであり、巡り巡って自分や子のためになる。

こんなに近くでお店を建てて、朝早くから夜遅くまで、祝祭日も年末年始も売ってくれてありがとう。

近くにお店があるおかげで人通りもあり、街の活気も出てくる。

もちろんポイ捨てという負の側面も増えるけど。

地域清掃やごみ拾いというお役目・イベントを通して、それがまた地域の貴重な顔合わせの場であったりもする。

何も話さなくても、顔ぐらい知ってた方が、まだいいと思う。

けどこれからは、また古き良き地域のつながりは復活していくと思う。

いったんプライバシーを尊重しすぎて、区切りすぎた世の中。

それで皆が孤独になった。

だからまた少しずつ繋がる。

と思う。

自分も地域とも家族とも誰とも繋がらなくなって初めて、誰かと、地域とゆるく繋がりたいと思うようになった。