読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性なるスピリチュアル♪ 闇に光を☆

子育て中。クリスタルチルドレン(?)善悪二元論からの脱却や中庸を目指して。沖縄在住。Twitter @spilun9

性+★日本国歌・古事記の意外な心と性

以前、沖縄ライカムというイオンモールの本屋さんで、『カタカムナ 言霊の超法則』という本を読みしました。

そこにはカタカナと言霊の関係がいろいろ書かれているのですが、

特に、

「日本国の国歌は、地球国という意味での、世界中の平和と繁栄を願う気持ちが込められている歌」

という事に深く感銘を受けました。

 

 ※だから国歌を必ず歌えとか、起立しろとか、そういうわけではありません。

特に沖縄ではこれが戦争に利用されてしまい、その事から国歌への根深い不信感もあります。

 

きっと君が代のエネルギーや波動が非常に大きいため、使う人間によって、時代によって、それは白魔術とも黒魔術ともなるのだと思います。

 

国歌を好意的に思う人も、反感を抱く人も、どちらもそれぞれの立場や価値観を尊重する事が大事であり、その中庸の姿勢こそが真に世界平和へと結ぶものだと思います。

 

 

さらに古事記も、あれは日本だけの創世記ではなく、実は地球の各大陸や国の創世記だそうです。

 

日本が神の国と言われる所以。

 

一国どころか世界中、地球全体の平和と繁栄を想う国。

 

地球の創世記が記された書物を持つ国。

 

この国に生まれた大きな誇りとなりました。

 

ただ本当に、それはまだ少数意見であり、多くの方の反「日の丸」感情、外国の反日感情、日本の過去の行いが無視や歪曲されるべきだとは思いません。

 

 

 

 

【性+】

恋する神さま~古事記入門~ [DVD]

恋する神さま~古事記入門~ [DVD]

 

kojiki.co

rekijin.com