読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性なるスピリチュアル♪ 闇に光を☆

子育て中。クリスタルチルドレン(?)善悪二元論からの脱却や中庸を目指して。沖縄在住。Twitter @spilun9

ルフィ5次元海賊団

ワンピースというアニメやマンガをご存知ですか?

自分はマンガは読むのがかなり遅かったりで苦手なので、アニメで楽しんでます。

アニメだと1000話くらいあるでしょうか。

そのうちの500話過ぎまでは来てると思います。

以下ネタバレ注意です。

ちょうど魚人島編で、竜宮城のところです。

ワンピース、最初は普通の海賊アニメ、冒険アニメ位にしか考えてませんでした。

けど、主人公で船長ルフィの分け隔てなく仲間を受け入れていく姿や、

相手がどんなに偉い人だろうとルフィは、「お前!」とか「おっさん!」って呼び捨てにするところ、

相手はムッとしたかもしれないけど、一応怒りはしない。

ルフィが何度も何度も仲間に命を救われてるところ、

時には改心した敵に救われる事も多々。

ドラゴンボールで個人が最強を極めていく姿とは違う。

ルフィ達は個の力を高めつつ個人プレーをしながらも、お互いの能力を尊重し協力し合っている。

ルフィは仲間がいなければとっくに死んでる。

そしてサンジが女性に幅広くときめく心。

周りもそれを非難するでもなく、はいはいと広い意味で受け入れてる姿。

これらはアセッションした世の中の人々を映し出してるように感じます。

そう、女性は本当に、男性からみると魔力や磁石のように惹きつけられ、時めく存在に感じるのです。

赤ちゃんやかわいい小動物を見て、理屈抜きに心癒され、つい手に取りたくなるように。

そしてワンピースの世界観も、今の世の光から闇まで幅広く反映してるようで面白いです。

世界政府がいたり、天りゅう人という政府をあやつる神族がいたり、海軍がいたり。

姿形も超能力も、人それぞれ様々です。

地球の縮図、宇宙の縮図に感じます。

人間と魚人がお互い差別して対立してたり。

でもそれは、お互いの闇社会による、人さらいや魚人さらいが大きな原因だったり。

でもその闇社会の人々を生み出し続ける貧困の仕組みが人間界にも魚人界にも残ってたり。

敵対する組織の中にルフィの親友や親族がいたり、けど時に戦わなくてはいけなかったり。

敵対してた人が心強い味方になったり。

けど海軍という組織としては、相手が海賊というだけで捕まえないといけない。

例えルフィ達のように市民を大切にする海賊であっても。

そこが今の私たちと同じじゃないでしょうか。

単に許せない組織や国や電力会社の人間は、すべて潰れてしまえばいい。。

そんな極端な私たちの深層心理がある。

組織全体としては確かに不調和な行為をしてるかもしれないけど、だからといって一人一人が同じ意志で動いてるかは全く別問題。

それに早く気付けないだろうか。

また、利害関係から世界政府があえて海賊の縄張りを黙認していたりする。

それだけ聞いてなんてひどい世界政府だと思ったが、話が進み、よーく事情を紐解くと、そうせざるを得ない理由が見えてきた。

からまった紐をほどくように、一つ一つ、対処していくしかないのか。

それをむしろ楽しみなさいと、創造神のご意向だろうか。

まぁ極端な事例を思うとほんとに創造神様にたくさん物申したくなるんだけど、創造神様にもそれなりの理由があるのだろう。

でもせめてその理由をちゃんと教えてくれなきゃ、分かんないのは分かんない。

まだ言っても理解できないから教えてくれないんだろうけど。。

さらに、ルフィ達は敵を絶対に殺さない。

ぶっ飛ばして縛り上げるまで。

後は海軍に引き渡す。

だから、時に脱獄して再び戦うこともある。