読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性なるスピリチュアル♪ 闇に光を☆

子育て中。クリスタルチルドレン(?)善悪二元論からの脱却や中庸を目指して。沖縄在住。Twitter @spilun9

公民館の畑で自律・収益を

高次元・アセッション・思い付き

畑に種をまこう。

メイクマン(地元のホームセンター)で苗を買い、植えよう。

公民館に。学校に。

空き地に。耕作放棄地に。

ベランダに。庭に。

そしてそれを持ち寄ろう。

子ども食堂や、食料バンク、お住いの市町村の社会福祉協議会に。

子ども食堂とかでも、できるだけ自分達で畑を作ったり借りたりして、自分達で野菜を育てよう。

カレーのルーは寄付をお願いしようかな。

そしてできるだけ自分達で調理しよう。

大人も近くで見守るのは必要かな。

できたカレーを、一般の方に安く販売してもいいんじゃないかな。

時間のある方は一緒に食べたり、子供たちと会話したり。

持ち帰りでもいい。

お金の厳しい方や子供には無料。

少し払える方には値引きしたり。

行政がやったり補助金出すと、民業圧迫だの、貧困家庭の子に限定しろだのいろいろ言われる。

子ども同士の差別意識も生まれる。

線引きなんてできるわけがない。

金持ちの子だって家で1人で食べて寂しい思いしてたり、それに慣れきって麻痺してる子はきっといるんだ。

1人で寂しい子はスマホやネットや性、不特定との出会いに走る。

スマホのルール作りも大事だけど、そもそも孤独な子を増やしてる仕組みをどうにかしなきゃ。

そして出会い系うんぬん語ると同時に、とりあえず親が、先生が、地域の大人が使ってみて、何がどう危険なのか、何が楽しいのか、直接覗いてみなきゃ。

Facebookのように皆が出会い系のアカウントを作ればいい。

子供と一緒にTwitterや出会い系のぞくのもありだろう。

そしたら具体的なアドバイスができる。

プロフィールで個人情報出しすぎてる人もいるから、この書き方は危ないよって具体的に言える。

話が飛びましたm(_ _)m

カレーの売り上げで、新しい野菜の種や苗、お米、ルーが買える。

シチューや他のメニューにも挑戦したい。

そしたら寄付に頼らない自律した場所になる。

たまには祭りも開いて、そこでもゲームや出店で資金を賄う。

お金の管理にはもちろん大人の手が必要だ。

孤独な高齢者も多いらしい。

彼らにも助けを、役割をお願いしたら、イキイキとやってくれるのではないか。

もちろん年寄りは説教も、長~い昔話もするだろうf^_^;

そして、ウチナーグチも話すだろう。

時には沖縄戦の話も。

子供たちと仲良くなり、かわいくなるほど、辛くても沖縄戦の話もしておかなきゃっていう使命感も出てくる気がする。

夜1人か兄弟だけでごはんを食べてる子も多いらしい。

どうにかその子達も呼べないかな。

宿題を公民館でみんなでやったらどうか。

教え合えば、上下のつながりもできる。

遊び仲間も増える。

人生の友達が増える。

今の時代、地域での成功も、ネットや動画を通して日本中や世界中に広がる。

地域再生も地球再生の大きな一つでは。

といいつつも、自分は子ども食堂を直接見たことはない。

だから今は机上の空論。

早く行ってみたい。

プランター菜園のきゅうりも枝豆もレタスもことごとく枯れさせてしまった。。

残ってるのは苦手なオクラくらい。。

難しい。。

ちなみに自分は子ども会に入ってエイサーとかをしてたくらいだ。

でもそのおかげで地域の繋がりのイメージはある。

地域の人の集まり、それはいろんな仕事の人の集まり。

だからいろんな話も聞ける。

中1の時、あるお父さんから、これからの時代ホームページ作れたらいいよと教えてくれたりもした。

異学年の子達ともたくさん関われる。

学校だけではなかなかそれは難しい。

別のクラスや学年の子と友達になれるほどの時間はあまりない。